So-net無料ブログ作成

CIA(公認内部監査人)試験の申込みについて [CIA(公認内部監査人)]

CIA(公認内部監査人)試験は数年前に、コンピュータ・ベース・テスト(CBT)方式[ひらめき]に移行しており、事前に予約[電話]さえすれば、いつでも日本国内に数ヶ所ある試験会場(東京・札幌・宮城・横浜・名古屋・大阪・福岡・那覇)でコンピュータを用いて試験を受けることができます。

そのため、試験申込みも随時受け付けているようで、私は本日、日本内部監査協会というところへ、受験申請書類を簡易書留で発送[手(パー)]しました。

1.CIA試験の試験範囲について

CIA試験は、次の4分野から構成されています。出題数は各Partとも100問[ひらめき]、試験時間は各Part とも2時間45分[ひらめき]です。試験は日本語[わーい(嬉しい顔)]で受験でき、試験問題は世界共通[iモード]です。

また、CIA試験の得点は、250~750ポイントのスケールド・スコアに換算され、600ポイント(おおむね75%の正答率)以上で合格となります。アビタスのHPによれば、合格率は各Part毎に35~40%[ひらめき]で、科目合格制度[ハートたち(複数ハート)]を採用しているため、Part毎の取得が可能です。

CIA試験の4分野
 PartⅠ ガバナンス、リスク、コントロールにおける内部監査の役割
  The Internal Audit Activity's Role in Governance, Risk, and Control
 PartⅡ 内部監査の実施
  Conducting the Internal Audit Engagement
 PartⅢ ビジネス分析と情報技術
  Business Analysis and Information Technology
 PartⅣ ビジネス・マネジメント・スキル
  Business Management Skills

  

2.CIA試験の申込手順について

日本内部監査協会のHPによると、CIAの受験申込から認定までには、
①試験申込書の提出 : 随時受付可能。
②受験申込完了のお知らせ : 米国IIA本部での登録が必要な為、試験申込書提出
から約4週間[爆弾]掛かる。
③試験日時とテストセンターの予約 : 電話またはHPにて試験日時と会場を予約。
④予約確認書の通知 : 電子メールにて通知される。
⑤受験 : テストセンターにて受験。試験の結果は試験終了時に画面表示される。
⑥試験結果の通知 : 受験日の翌月末に正式な試験結果の通知が郵送される。
の各ステップがあり、思いのほか[ー(長音記号1)]、時間が掛かります。

特に②に要する4週間[爆弾]というのは、自分の学習ペースと併せて考えないと、試験までの間に無駄な時間[もうやだ~(悲しい顔)]を過ごしてしまう可能性があると思います。早め早めに受験申し込みをした方が良いかもしれません。私は、今回、PartⅠとPartⅡの2科目分を申し込みました。

  

3.CIA試験の申込書類について

CIA試験の申込みに必要な書類は、[1]受験申請書、[2]卒業証明書、[3]推薦状、[4]内部監査実務経験証明書の4種類です。受験申請書以外は、初回申請時のみ提出すれば良いのですが、初回登録から全Part合格までに4年間という時間的な制限があります。CIA取得者の多くは、1年程度で全Partを取得しているようですので、学習を始めた以上は、時間を空けずに、一気[遊園地]に全Part取得してしまうことが必要ですね。
私は今回、推薦状を数年前にCIAを取得した同じ会社の方に、内部監査実務経験証明書を人事部で作成して貰いました。内部監査実務経験証明書[ひらめき]と言っても内部監査の実務経験は必要ありません。会計・経理・財務・法務の実務経験が2年以上あれば、実務経験があると看做して貰えるようです。[わーい(嬉しい顔)]

  

4.CIA試験の受験費用について

何といってもCIA試験のネックは受験料です。受験料は異常なほど高く、登録料が8400円、各partの受験料は16,800円です。資格取得までには、4part全てに合格することが必要ですので、登録料8,400円+受験料16,800円×4=75,600円が必要ということです。これまでに取得した国内の公的資格と比べると、ちょっと高過ぎ[がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][exclamation&question]
登録料・受験料は、郵便振替またはクレジットカード(珍しい[手(チョキ)])での支払いとのことなので、私は、今回、part1とpart2の2科目を申し込みました。
学生・教職員の方には割引(登録料4,200円、1part10,920円。)があるようですので、監査業務に関心のある学生さん[ビル]は、在学中に取得しておくべきと良いでしょう。

  

5.学習の進捗状況について

前回ご紹介した中央経済社の「内部監査基本テキスト―公認内部監査人資格認定試験対応」は、ほぼほぼ通読を終えました。書籍自体は約4cmもありますが、比較的に文字が大きく、また各Partに練成問題が沢山掲載されていますので、通読自体はそれほど大変ではありませんでした。

内部監査基本テキスト.jpg

まだ、1回読んだだけなので、「あぁ、そうなの~。ふんふん、内部監査人ってそういうものなのねぇ~[わーい(嬉しい顔)]」という感じですが、なんとなく試験全体のイメージは掴めた[手(チョキ)]という感じです。

特に、練成問題を解いて判ったことなのですが、この試験は4択のマークシート方式[ひらめき](実際にはコンピュータ上で回答)で、特段の計算問題も出題されないようですので、通勤電車内[電車]での過去問中心の学習[本]で対応できそうだということです。

以上、今回のテーマは、CIA試験の受験申請と、試験対策の進捗状況のご報告でした。


nice!(201)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

次に目指す資格について [CIA(公認内部監査人)]

久々のブログ更新です。[あせあせ(飛び散る汗)]

趣味と実益を兼ねて続けている資格取得[ひらめき]ですが、5月22日の測量士補の本試験が終わってからというもの、試験勉強からの解放感[わーい(嬉しい顔)]と、合否発表待ちの身であるという安心感[るんるん]から、次に何の資格を目指すのかが決まらず、毎日の通勤電車内[電車]では、頭を大きくスイングさせながら眠り呆けるか[眠い(睡眠)](起きてから首が痛い。)、起きていてもスマホ[携帯電話]でフリーの携帯小説を読んでいるという具合で、ダラダラと無駄な時間を過ごしておりました。

こんなことじゃいけない・・・。充実感が無さ過ぎる。[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

ということで、満を持して、次にチャレンジする資格試験を決めました。[ひらめき]

じゃ、じゃ~ん。[exclamation×2][exclamation×2][exclamation×2]

  

1.次に目指す資格:CIA(公認内部監査人)

知らない方も多いでしょう。そして、CIAと言うと、大多数の方は、アメリカ中央情報局(Central Intelligence Agency)を連想[ひらめき]されると思います。

しかし、CIAにはもう一つ、英文では、Certified Internal Auditor と表現される公認内部監査人という資格があります。

CIA(公認内部監査人)は、企業(主として上場企業)の内部監査についての知識・技能を証明することを目的とする米国発祥の国際的な資格です。日本では、5年ほど前、日本版SOX法の制定により、上場企業への内部統制への対応が要請され、それに伴って内部監査に注目[ひらめき]が集まり、その専門家としてCIAがクローズアップ[ひらめき]されました。

資格試験は、米国の内部監査人協会(IIA:The Institute of Internal Auditors)が主催しており、日本では、日本内部監査協会(IIA-Japan)が、1999年11月より日本語での試験を実施しています。2014年の合格者累計人数は、7597人[exclamation]とのことです。

詳細はこちら http://www.iiajapan.com/certifications/CIA/

なお、インターネットで公認内部監査人を検索すると、国内では、TACとアビタスの2校が受験対策講座を設置しているようです。当然、2校とも資料請求を行い、ざっと資料を拝見[目]しましたが、ちょっと高いかな・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

しかし、この試験は、試験範囲4科目について、科目単位での取得が認められている[exclamation&question]ことから、独学[ちっ(怒った顔)]で勉強されている方も多数[exclamation]いるようです。

私は、自分自身の趣味趣向(会計、金融、法律系の資格が多い。)と、当面、資格取得に掛けられそうな勉強時間(主に通勤時間)、そしてコスト(独学ができそうなこと。)を考え、次は、この資格を目指したいと思います。

やってみなければ分かりませんが、現時点での資格取得までの想定学習期間[位置情報]は半年~1年程度[ひらめき]です。

  

2.いつか取得したい資格

思い返せば、今年2月、FP技能士1級の実技試験が終わった頃、「FPが終わったら、次は社労士の資格を目指したい。でも今年8月の試験には間に合わないし、来年8月の本試験までは長過ぎるので、とりあえず中継ぎとして5月の測量士補試験に向けて勉強しよう。」と考え、社労士試験の勉強を先送りしたのでした。

幸い[ひらめき]、測量士補試験は、無事に一発取得[るんるん]できましたが、測量士補試験が終わってしまうと、他の様々な資格に目移りしてしまい、また、社労士の試験勉強って実は結構大変なのでは[あせあせ(飛び散る汗)]との迷いもあり、どの資格を目指すか決めかねていました。

なお、今回、比較検討した資格試験は以下のとおりです。(これらの資格も、いつかきっと取得したいと思います[exclamation]

[1]社会保険労務士

労働関連法令や社会保障法令に基づく申請書・届出書・報告書・審査請求書・異議申立書等の書類作成代行等を行い、また企業を経営して行く上での労務管理や社会保険に関する相談・指導を行う事を職業とするための資格。独立開業がメインの業務独占資格。想定学習期間は1年。かなり細かい内容までの暗記が必要だが年配の受験者も多い。自分自身の記憶力が落ちない間に取得したい。

[2]土地家屋調査士

土地や建物がどこにあって、どのような形状か、どのように利用されているかなどを調査、測量して図面作成、不動産の表示に関する登記の申請手続などを行う測量及び表示に関する登記の専門家。測量士補を取得すると、筆記試験の一部(午前試験:測量・作図)が免除される。独立開業がメインの業務独占資格。想定学習期間は1年。取得してどうする?という感もあるが、東日本大震災でもクローズアップされた資格。結構細かい内容の試験なので、専門学校に通って取得する人が多いらしい。

[3]DCプランナー

日本商工会議所と金融財政事情研究会の共催による認定試験に合格し、日本商工会議所に登録することで与えられる認定資格。年金制度の普及や運営・管理を行う実務家としての役割が期待されている。FPの知識を忘れてしまわない間に、2級までは取っておいても良いかな?と思っている。3級⇒2級と順を追って取得する場合の想定学習期間は3~6カ月程度か?

[4]環境社会検定

通称「eco検定」と呼ばれており、東京商工会議所が主催している環境に関する検定試験。2006年10月15日に第1回試験が実施され、2010年12月19日に行われた第9回試験の受験者数は29,374人で合格率は69.1%。通勤電車内で勉強している人を見かけたことがある。環境問題への理解を深める意味から、多くの企業が社員に対して資格取得を奨励している模様。

[5]アマチュア無線技士

昔からいつか取得したいと思っていたが、未だに勉強したことが無い。ウィキペディアによると、「3歳で3アマ、小学校3年生で1アマに合格した例がある。」とのことであるが、3級までは取得したいと思っている。

  

3.とりあえず

とりあえず、CIAの試験対策[ひらめき]として、今年出版されたばかりの以下の書籍[本]を購入しました。値段が高い[exclamation]、分厚い[exclamation]、重い[exclamation]、の三拍子揃った書籍[本]ですが、表紙の裏部分に、「この本を読んで練成問題を3回繰り返せば合格レベルに達せられる」とありがたいアドバイス[決定]が記載されておりましたので、とりあえず、この本[本]を信じ、独学での勉強を進めたいと考えています。

内部監査基本テキスト―公認内部監査人資格認定試験対応


公認内部監査人資格認定試験対応 内部監査基本テキスト〈第2版〉公認内部監査人資格認定試験対応 内部監査基本テキスト〈第2版〉

作者: 水島 正

出版社/メーカー: 中央経済社

発売日: 2013/04/27

メディア: 単行本 

以上、今日は長々と書かせて頂きました。

CIA試験についての詳細と、資格試験対策の進捗状況については、このブログにて、また報告させて頂きますね。

いつも沢山のniceとコメントを頂きまして感謝しております。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]



 


nice!(224)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。